【人生は一度きり】費用や続けられないリスクが気になって踏み出せない人へ。

やりたいことは全部やろう

どうも、たくやです。

今回は、やってみたいことがあるけど
ちょっとしたことが気になって
行動を
起こすのを躊躇してしまう・・

 

ということはありませんか??

「チャレンジしてみて、続かなかったらどうしよう。」

「習い事をするならレッスン代もかかるし
ブログを始めるにもサーバー代がかかる・・」

でも、それを気にして行動することを
止めてしまうのは

 

自分が好きなものに出会うせっかくの
チャンスを無駄にしてしまっている
思うんですね。

ぼく自身がそれで後悔してきました。

金銭的に余裕のある家では
なかったので、

 

費用が気になってチャレンジ出来なかったり

「続けられないかも」とか
「向いていないかも」ということが気になって

 

やってみたいことを見つけても子供の
時からブレーキをかけてきた人間でした。

泣く

そして「やりたかったのに
挑戦しなかった」という事実は

大人になってからも「あの時挑戦すれば
よかった」という後悔にしかなりませんでした。

 

もし当時の自分に声をかけられるなら・・

「興味があるなら絶対にやった方がいい!」
と全力で説得すると思います!!!

挑戦

確かに、チャレンジしてみた結果
合わなかったり続かない可能性もありますよね。

でも、たとえ合わなくても
失敗したとしても

 

行動することで得られるものは
ものすごく大きいですよ。

新しい経験をするために行動を起こした
結果得られるものと失うものを考えてみました。

【コスト】
・費やした時間
・かけたお金

【得られるもの】
・自分が好きなものに出会える可能性
・自分の適正や嗜好についてのデータ
・新しい経験
・失敗からの教訓や自信

確かに、時間とお金はかかりますよね。

 

でも、「興味を持ったこと」に片っ端
から挑戦していけば

「自分が好きなもの」や「適性のあるもの」に
出会える可能性は格段に上がります

ぼくが幸せだと思う人は「自分の好きな
ことを知っている人」です。

自分がどれだけやっていても飽きないし
夢中になれるものがあるので

 

これをしていられれば幸せだ!!
というものがある人は

周りを見ていてもすごく楽しそうですね。

笑顔

「自分の好きなことがわからない」
「やりたいことがない」

という人は、「行動量」と「自分自身に
ついてのデータ」が足りていないことが多いですね。

 

人は経験したことないものが自分に
合うかどうかなんてわかるはずがないですね。

興味があるということは「自分が
好きなこと」である可能性が高いですよね。

せっかくそういうものを見つけたのに
実際にやってみないのは

人生最大級の機会損失だとぼくは思いますね。

 

もしかしたら、「これだ!」と思える
ものに出会えるかもしれないし

仮にやってみた結果合わなかった
としても自分に関するデータがたまりますよね。

このデータが実はすごく大事です。

データが増えれば増えるほど
自分の好きなことや

 

本当にやりたいことに出会える
可能性が高くなります。

ぼく自身も自分のやりたいことだ
と思えるものを見つけるまでに

 

いろいろなことを試しました。

チャンス

ぼくの会社員時代はただ営業をして
お客さんとは契約を交わしたら

その後は一切関わらないという環境で

 

自分のやりたいことが分からなく
なってきて悩んでいた時に

昔、子供の頃「料理の鉄人」を見て
一流のシェフたちが料理の見た目や

 

味を競い合っている姿を見た時の

「ぼくもこういう料理を作ってみたい!!」
という感動を思い出しました。

料理について学ぶための教室に入って
美味しいものを作るための勉強をして

一時期は、「一流の料理人になりたい」と
友達にも話し服部専門学校まで入学しようか考えました(笑)

 

でも、実際に学んでみて美味しい料理を
作るのも好きだし料理の奥深さを学ぶのも好きですけど・・

料理を突き詰めていくことだけを
仕事にするのは何か息苦しいなと。。

考える

一つのものを突き詰めるよりも・・

幅広くいろいろなものに触れら
れる環境の方が好きだなと思いました。

 

自分で料理を作るよりも素晴らしい
料理を作っている店を発掘してきて

世の中に広めていく方がワクワクするな
と思ったんですね。

料理だけに限らずやっぱり人を
幸せにするものを広く扱いたいと

実際にやってみることで分かりました。

 

実際に経験してみると、「何が好き」
で「何が違う」と思ったのか

自分自身の嗜好がより詳細に分かるようになります。

 

「料理は好きだけど、仕事にしたいわけではない」

→(なぜ?)

・一つのものを突き詰めるよりもいろいろなものを扱いたい。

・料理の様に自分が美味しいと思ったり、お洒落なものを広めていく方に興味がある。

 

→(料理の何に惹かれた?)

・同じ食材を使っているのに作る人が違うだけで、味が劇的に変わるところに面白みを感じた。

・料理人が心を込めて作ったもので食べた人を幸せにできるところ。
(自分が作った料理を食べて笑顔になるところ好きです)

 

→(自分が進みたい方向性は?)

・一つのものを極めるよりも、人を幸せにするものを世の中に広めていきたい。

 

結局、料理を仕事にすることは
なかったですけど・・

この経験があったからこそ

 

「自分は一つのものを極めるよりも
人を幸せにする良いものを広めていきたい」

という価値観が明確になって現在の
ウェブマーケティングの仕事につながりました。

希望

料理について学んだ知識や経験も
全く無駄にはなっていなくて

一つの料理からいろいろな奥深さや
楽しさを感じられるようになったし

 

自分で料理を作って友達に振る
舞った時は喜ばれたり

 

料理を勉強して良かったことは
すごくたくさんありますね。

だから、無駄になるものなんて
本当にないと思いますね。

 

実際にやってみることで得られた経験や
そこから学んだことは貴重な財産ですよ。

例えば、大恋愛したあとの失恋。。

その時は「こんなにつらい想いをする
ならやめれば良かった」と思うかもしれないけど・・

 

そういう経験を通して本当に自分に
合う人を見つけられるようになったり

自分の良くなかったところを反省して
もっと魅力的な人に成長していけますよね。

失敗して痛かった経験から学んだことは
体に刻み込まれるから

誰にも奪われない一生の財産になるし
辛かったことをバネにして立ち上がった経験は

 

自分がこれから生きていく未来の
自信に絶対になります。

だから、無駄なことなんて一つもないんですよ。

諦めない

行動しただけ自分にとっての貴重な
資産が増えていくと心から思いますね。

ぼくが人生を後悔しないために
心がけていることが二つあります。

 

一つは、「やりたいことは全部やる」こと。

もう一つは、「選んだことを全力で正解にする」こと。

 

まわりの人に、どう思われたって
そんなことは重要じゃないです。

「色々やってて何がしたいのか分からない」とか
「自分の軸がないよね」とか

ネガティブなことを言う人は
一定数いるかもしれないです。

 

でも、自分の人生の評価者は自分です。

「本当はあれをやってみたかったけど
出来なかった」とか、

 

だから、「やってみたいこと」を見つけたら
とにかくやるべし!!です。

一度きりの人生自分のやって
みたいことに挑戦して

どんどん新しい経験をして世界を
広げていけることを心から応援しています。

 

—————

僕は、不動産会社を退職後、24歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを勉強中です。

現在は、マーケティング・コンサルタントとしても活動中。

たくやが不動産会社を辞めてネット起業するまでのストーリー。

ブログには書けない話は無料LINE@で発信中。

全くのゼロ時点からビジネスの基礎・マーケティングを学び
その過程で得た知識・スキルを発信しています。

マーケティング書籍

無料LINE@にご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を好転させる)をプレゼントしています

ご登録はこちらから。

 

2 件のコメント

  • >ぼくが幸せだと思う人は「自分の好きなことを知っている人」
    じゃあ私は幸せ者ですね(((o(*゚▽゚*)o)))

    >一つのものを突き詰めるよりも・・

    幅広くいろいろなものに触れら
    れる環境の方が好きだなと思いました。
    これ、すごいわかります。
    私も1つのデザインに縛られるよりも、いろんなデザインをしたい!と思って思い切ってフリーランスになりました。
    ゲーム会社だったらゲームのデザイン、印刷会社だったら印刷のデザインという風に、自分の感性を限定したくないなって。でもそうやって会社員をしてきたからこそ、今がありますね!

    • 人間好きなことを仕事にできない人の方が
      多いのでみやさんは幸せ者ですよ( ^ω^ )

      みやさんとは価値観が合いそうです!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。