地雷屋さん著・脱ニート完全マニュアルを読んでみた感想

脱ニート完全マニュアル

どうも、たくやです。

今日はTwitterのフォロワーさんに
教えてもらった

 

地雷屋さんの「脱ニート完全マニュアル」

の感想を書いてみたいと思います。

 

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル

 

 

読んでみた感想を一言でいうと、
もう共感の嵐でした。

巷の自己啓発本って「こうあるべき
みたいな理想論や正論が多くて

どうしても自信が持てない場面や
努力しても行き詰まっているときは

 

それが出来れば苦労しないよ!

と言いたくなることあると思うんですよね。

 

正論だとわかってても行動できない
自分を責めてしまって逆に苦しくなったり。

そういうときに・・

ハードルを極限まで下げてくれて最初の
一歩を踏み出すための希望を
与えてくれる本です。

 

ニート脱出が目的じゃなくても自信が持てなく
なってる人や行き詰まって最初の一歩が踏み出せない人には

すごくおすすめの本ですよ!!

 

今回は特に印象に残った内容や感想を
ご紹介していきたいと思いますね。

ニートの核となる原因の1つは「学習性無力感」

「学習性無力感」という言葉、、
聞いたことありますか?

地雷屋さんの考察ではこれがニートの
大きな原因の一つと言っています。

 

まず、学習性無力感がどういうものかというと・・

ある実験があります。鎖につないだ犬に、床から電気ショックを与え続けます。当然、犬は嫌がり、なんとか鎖をちぎろうとしたり、逃げようとして暴れます。そのようなことを数十回繰り返します。すると・・・犬は電流に対する抵抗を諦めるようになります。

その後、犬の鎖を外します。そして電気ショックを与えます。もちろん鎖はないので、その場から逃げ出せば、電気ショックからも逃げられます。

しかし、犬は逃げません。電気ショックを受け続けます。もう鎖はなくて、走って逃げられるのに?

そうです。犬は何をしても無駄だと「学習」してしまったのです。

脱ニート完全マニュアル

 

こういうことなんですけどこの
学習性無力感」によって

ニートは自分の幸せを願うことさえも
諦めてしまうようになるという話ですね。

 

この「学習性無力感」の話はぼくの
経験とも重なってすごく共感しました。

頑張りたいけど頑張れないという状況は

「過去の度重なる失敗経験」

「頑張っても報われなかった経験」

 

が足枷になることも多いですよね。

最初は壁にぶつかっても「頑張ればいけるはず!」
と自分を奮い立たせて頑張るんだけど

 

だんだん自分の限界が見えてきて
行動することの重要性はわかってるから

本当はアクセル全開で行動したいのに
勝手にブレーキがかかってしまう

最悪の未来

この生きづらさや頑張っても結果が出なくて
あ、自分こんなもんかって思うことのつらさ。。

でもやっぱりまだ諦めたくない!
と必死でもがく葛藤とか。

 

状況や程度の違いこそあれ年齢を重ねるほど
今までの人生で培われた無力感と戦うことは
誰しもあるのかなと思いますね。

この本の内容は共感することだらけで
置かれている状況や立場は違うけど

 

しんどい理由も動けなくなる理由も人間は
根本的には一緒だし変わらないんだなと思いました。

ピース

他人を100%理解できないのは当然だし
仕方がないと思いますね。

どんな経験をしてきたかによって持ってる
信念も価値観も違うしそもそも絶対的な正しさなんてないと思ってます。

 

何が正しいか何が幸せかなんて人それぞれ。

でも、こういう書籍を通してでも他人の
人生や気持ちを知ることが少しでもできれば

 

無知による誤解や無意味な偏見って少しは
減るんじゃないかなと思いますね。

努力すれば何者にもなれるなんて嘘

次にすごく印象に残ったのが
この3つの言葉です。

1,努力で人は何者にでもなれるなんて、嘘。

なれないのは努力が足りないんじゃなくて
努力のやり方を間違えているかそもそも無理か。

 

2,反対に本人が「頑張った!」と思うことって
所詮無理して出した結果。

それはね、他人も無理すれば追いつける程度なんです。

なんでもなくできること。それこそが
「できること」でありその人の才能が潜む場所。

で、もしそのなんでもないことを意識して努力し始めたら
相乗効果でそらもうとんでもないことになります。

 

3,人間は根本的には絶対に変わらない

「時間をかければ変われる」とか
「努力すれば変われる」とか
戯言だと思っています。

じゃあダメ人間はずっとそのままなのかというとそうではない。
状況は変えられる。

根本的には変わらないけど、
「知識」と「経験」が増えただけ。

 

ここまでです!!

 

「努力で何者にでもなれるわけではない」

「向いてないことを頑張っても知れてる」

「人は根本的には変わらないけど
 知識と経験は増える」

 

これはいろいろ考えさせられました。

同意できるところ同意できないところ
両方あります。

早い

まず同意できるところはやっぱり向き
不向きはどうしてもある

だから、努力するならある程度自分が
向いていることに焦点を当てて取り組むべきですね。

 

僕は子どもの頃からコンプレックスだらけの
自分を変えたくて・・

学生時代も会社員時代も他人が持っているけど
自分にはない素質にばかり憧れていて

 

別人になろうとする努力をしてました。

行動

結果的に・・

長所を見つけて伸ばすというより欠点を
克服することばかりに
焦点を当ててしまってて。

 

散々やってみて思ったのが

やっぱり別人になろうとする努力は
苦しいわりに大した結果にならないです。

それどころかまさに学習性無力感の原因に
なって逆効果です。

なので・・

 

自分の持っているものに目を向けてそれを
生かす努力をすることが
本当に大事だと思いますね。

知識と経験があれば人は変われる

次に同意できないところは地雷屋さんは
「人は根本的には変わらない」というスタンスです。

僕は「知識」や「経験」の積み重ねで
人は変われると思っています

 

もちろん根本的な素質は変わらないけど・・

「知識」や「経験」が増えれば人は確実に実力はつきます。

人間は・・

「知識」がないと「思考」「想像」「発想」「判断」
ができないからですね。

 

逆に、知識をちゃんと得ていけば

想像力・思考力・発想力・決断力も上がるし

 

知識があれば行動力が上がって経験が
増えていきますね

小さな成功体験がひとつできればそれは
自信になるし人生を飛躍させるきっかけになります。

この地雷屋さんの書籍だって知識を
通して色々な人の人生を変えていると思います。

 

「ニートの原因は何なのか?」

「どうやって抜け出せばいいのか?」

「職を見つけるまでのステップは?」

「どんなマインドセットで臨めばいい?」

 

こういう知識を伝えることで
読んだ人に勇気を与えて

具体的にやるべきことを伝えて間接的に
相手の人生を変えていると思います。

だから知識を得ることで人生の可能性は広がるし
知識と経験を積み重ねながら一歩ずつ前に進んでいけば

やがては想像もしていなかった
自分にだって出会えると思います!!

過剰な心配が「自己肯定感」を奪う

ニートのもうひとつの原因として
「自己肯定感のなさ」があります。

他者に存在を肯定された経験が
圧倒的に少ない。

 

それは幼少期の家庭環境に由来するものが
多くて親に褒められた記憶がなかったり

逆に愛されてはいたけれど親が過剰に
心配性だったり・・

 

心配という言葉は

自信や信頼の対義語と言ってもいい
くらいの危険な言葉ですね。

これは僕の経験からもすごく納得感
のある言葉でした。

親にあまりにも心配されると逆に不安に
なって緊張してしまうんですよね。

 

大切な人だからこそ。

過剰な心配ではなく相手に自信を持たせて
あげること、
信頼してることを伝えることが良いですね

失敗を成功と認識する

この考え方もすごく勉強になりました。

エジソンが電球を発明するまでに
1万回失敗した話は有名ですよね。

 

私は失敗など一度もしていない。1万種の
適していない素材を
見つけただけだ。

という名言も残っていますね。

初心者が知るべき人生まで変える筋トレの本当の力

彼のエピソードで重要なのは

彼は実験をする前から電球が光る素材を発見すること
だけではなく電球が光らない素材を発見すること
も成功イメージとして捉えていたんですね。

 

就活なら、面接に受かっても成功。
落ちても経験になるから成功。

結果が出なかった経験を「失敗」と捉えて
しまうと苦しくなるけれど・・

 

客観的に考えると全然失敗じゃないですよ。

最初から「失敗」の定義を変えると
すごく気が楽になるなと思いました。

変わらないまま変わる

先ほどの「人間の根本は変わらない」という話とも
関連しますけど・・

幸せになりたいと思うのであれば

① 自分の本当の欲望を知る
② やりたいことと、絶対に嫌なことを知る
③ 自分のできることで0→1を作る

 

この3つをちゃんと押さえた努力をする。

挑戦

僕は別人になろうとして努力したけど
間違ってたなと思うし

 

そもそも他人と比べると他人の芝は
永遠に青く見える罠にはまります。

気を付けたいのは他人との比較ではなくて

 

自分軸で成果を出せるところで挑戦すること

これは本当に大事だと思いました。

悪口はいわない

絶対に悪口を言わないこと」

というアドバイスがあったのですが
その理由がその通りでした。

 

何かと言うと自己肯定感がなくて
完璧主義になってしまう人は

自分でも無意識のうちに
欠点を探す癖がついてしまっている

泣く

欠点を探す癖は当然自分にも向けられるから

自分はこういうところがダメだ

自分はこんなにできないことだらけ

 

と、常に粗探しをして
自己否定する思考になってしまう。

だから、人に対しても漫画などの作品などに
対しても悪口や批判をやめてみる。

 

逆に、良いところを探す癖をつければ

自分の良いところも人の良いところも
どんどん見えるようになってきますよね。

まとめ

最後に、これから0→1を作っていく上で
押さえておきべきポイントを簡単にまとめておきますね。

※結果を出すために押さえておくべきポイント

 

①自分の本音を知る
②やりたいこと、絶対やりたくないことの明確化
③自分がある程度適性のある分野で挑戦する
④正しいやり方で努力する

地雷屋さんの書籍は、なるほど!!と思える視点や

 

気持ちが楽になって行動しようと思える
言葉が満載の良書だったのでぜひ読んでみてください。

元ひきこもりニートがリアルに教える! 脱ニート完全マニュアル

 

 

—————

僕は、不動産会社を退職後、24歳起業家に弟子入りし、ウェブマーケティングを勉強中です。

現在は、マーケティング・コンサルタントとしても活動中。

たくやが不動産会社を辞めてネット起業するまでのストーリー。

ブログには書けない話は無料LINE@で発信中。

全くのゼロ時点からビジネスの基礎・マーケティングを学び
その過程で得た知識・スキルを発信しています。

マーケティング書籍

無料LINE@にご登録いただいた方に、期間限定で「仕組み化」の全体像がわかる電子書籍(「マーケティング× 仕組み化」で人生を好転させる)をプレゼントしています

ご登録はこちらから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。